2014年05月03日

【医食同源】からだを改善する応用薬膳

IMAG2443.jpg

 
 昨日より「更年期障害&現代五大疾病の予防と改善」の応用薬膳講座が始まりました。
 この講座は【料理の色・香・味をベースとして】→【症状に応じて食薬または生薬を併用する】弁証論治による応用薬膳講座です。
 いままで医療を目的とした「薬膳料理」のイメージをガラリと変わって、病気にならないため、普段おうちの食卓にも登場するごく
普通かつ身体の不調を改善してくれる食材を使います。 
 いろんな食材の鮮度や香り、そして酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩辛い 五味を症状別に分けて料理を楽しむことができます。
 講座の内容は、症状によって五臓六腑、気血水の弁証して、どのように食材や生薬を併用して食事を作るかを論治したあとに
薬膳料理を参加者自ら作って、食します。(講義と実習)
 昨年の4月から「基礎薬膳講座」(薬膳の基礎と陰陽五行、気血水・五臓六腑の理論を学びながら、講師が作った一品を試食
する講座です)、10月の「応用薬膳講座」(気血水と五臓六腑の不調に実際に弁証論治して料理を実習する講座)に続き、今回の
「更年期総合症&五大疾病の予防と改善講座」の参加者はほぼ同じメンバーでした。皆さんは月に1度のこの講座の大切さを
より知り、普段の生活は、以前より意識改革があったおかげで、家族や友人にも健康づくりに助言ができるようになりました。
また、慢性病をもつ参加者の病状改善を著しく現われました。これらの喜ばしいことを目にいたした私自身は、みなさんの喜び
以上に嬉しいものです。
  一方、われわれ人間は自然界に存在する陰陽五行の関係とは切っても切れない深い関係があることを知り、健康のために
日頃の養生には、この考え方を身につけて、自らの健康を自分で守っていく意識を拡大していけば、ほんとうの「健康長寿」の
時代が訪れるとわたしはより多くの人に伝えていきたいです。

 5月から始まる6回講座のテーマは主に中高年のために設定しました。 金曜日の午前11時〜3時
 5/  2(金) 更年期総合症T 女性の更年期障害
 6/  6(金) 更年期総合症U 男性の更年期障害
 7/11(金) 循環器疾病
 8/ 8(金) 糖尿病とその合併症
 9/  5(金) がんの予防と養生
 10/3(金) 精神疾患の実態と予防

 ★単発参加することは可能です。 お気軽にご相談ください。 info@honso-kampo.com  またはhuifang-k@hotmail.com 


 
            
posted by tei at 11:31| Comment(0) | 日記